トップページ > 特集・ピックアップ > 株式会社新丸正 2015年04月

今月の注目企業


株式会社新丸正

 
新丸正
1.会社紹介
 株式会社新丸正は昭和10年に久野正作が焼津市で創業し、お客様を始め皆さまのお引き立てを賜り本年で創業80周年を迎える事ができました。創業時は屋号丸正久野商店として削り節業を営んでいました。昭和26年には焼津削節株式会社として法人を設立、昭和35年からは鰹節製造も行うようになり、鰹節製造から削り節製造までの一貫生産が出来るようになりました。その後平成2年に現在の株式会社新丸正に社名を変更、「だしに、まじめに、一貫生産」を事業コンセプトとして、鰹節や削り節だけでなく鰹節の粉末、かつおエキス等の製造も同じ敷地内で製造出来ます。

 2.我社のウリ
昭和56年苦心の末出来上がりました駿河ふぶきは、熟成させた本枯節を独自製法の手削り風に削り上げたサクサクした風味の良い削り節です。平成5年にはその評価を受け農林水産大臣賞を受賞し、量販店では定番として、直営店「堅魚屋」でも一番の人気を頂いております。是非その妥協しない豊かな風味をお試し下さい。
,
TBS系列「マツコの知らない世界」で取上げられた当社の「かつお節ポテトチップス」はそのシーズニングパウダーと削り節を当社で作り、ポテトチップスは製造委託している商品です。これは当社の人気商品焼津かつおせんべいに続くものとして企画開発されたもの、マツコさんからはだしの味がしてお酒のおつまみに合うと評価されました。これは当社の企画力と開発力が発揮された商品です。
,
堅魚屋のだしパック「関東風鰹だし」「関西風昆布だし」につづくフランス風「野菜だし」は手軽に野菜と魚介風の洋風だしが取れるものです。スープや煮込み料理、リゾットやピラフなどコンソメの代わりにお使い下さい。この商品も当社の技術を活かした簡単にしかも本格的なだしが取れる商品です。だしの事なら是非ご相談頂きたい商品の一例です。   

 3.担当者からのPR
 2013年12月ユネスコの無形文化遺産として登録された日本料理は今世界に広がっています。UMAMIという言葉は一般の人々にも知れ渡り、DASHIもプロの料理人に間では、鰹節を始め昆布や椎茸も使われ始めています。世界で知れ渡り、使われ始めた根底には、料理を美味しくさせると言う事は無論、健康的というキーワードが有ります。日本は世界でも屈指の長寿国、誰もが健康で長生きをしたいと思うもの。もう一度「だし」の良さを再認識して家庭でだしを取ってみませんか。新丸正ではそんな食卓のだしを通して応援して行きたいと思っております。   



株式会社新丸正 企業詳細ページはこちら
新丸正


特集ページこちら




主催者 焼津信用金庫 地域貢献部 まるせい千客万来事務局
〒425-8501 焼津市五ケ堀之内987番地 TEL:054-629-1137 FAX:054-629-1313 Mail:info@maruseisenkyaku.com
このサイトは、焼津信用金庫が運営していますが、内容については個別の企業の責任でおこなっています。