特集・ピックアップ
トップページ > 特集・ピックアップ > 【バックナンバー】特集・ピックアップ2012年10月

今月の注目企業


㈱武村鋳造所

 
㈱武村鋳造所1
1.会社紹介
 弊社は100年に渡り、地元を中心に鉄鋳物(いもの)の鋳造(ちゅうぞう)をしております。その間、多くのお客様に恵まれ、多種多様の鋳物づくりに励んで参りました。鋳造業は、60年前、県内で300社以上あったものが40社弱にまで減り、今後、さらに淘汰されようとしています。私どもは厳しい競争の中を勝ち残ってきた自信と、更に厳しい現実に対し、正面から向き合う謙虚さをもって、世の中に必要とされ続ける会社でいたいと思っています。鋳物は全ての物づくりの始まりだと考えています.。私どもがこの時代の活路を見出すことが、日本の物づくりを支えてゆくのだ。大袈裟ながらも高い志をもって、日々邁進しております。

 2.我社のウリ
① 【柔軟性1:製品】
弊社は幅広く鉄鋳物の生産をしています。鉄鋳物の単体で1kg~3000kgの製品。外部・内部の形状が複雑な製品。 材質FC250~FC350、FCD400~FCD800、Ni,Cr,Cuなどの合金鋳物。 試作単品、少ロット。 様々な業種のお客様の元で培った技術、生産能力は、柔軟性に富み、必ずお客様のニーズにお応えできるものだと考えております。

② 【柔軟性2:短納期】
弊社が鋳造に使用する型は大きく分けて2種類あります。一つは木型。もう一つは発泡型です。前者は中量産品向け、後者は単品、単発、少ロット向けです。特に発泡型での鋳物製作は、単純形状ならば、図面から4日でお客様の元にお届けします。 これも小回りの利く中小企業のなせる業です。

③ 【柔軟性3:人】
弊社は従業員の平均年齢が32歳と、非常に若い人間で構成されています。これは、過去12年に渡り、計画的に若返りをはかった結果であり、その間、熟年工から多くの技術を継承して参りました。 加えて、あいまいな現場技術に対し、物理的・論理的裏付けを得るための勉強会の実施を行い、作業のクオリティ、製品のクオリティの向上に努めております。

 3.担当者からのPR
*現行、鋳物素材の使用をされている企業様、調達にご苦労をされていませんでしょうか?お困りの方は、是非とも弊社にお声掛け下さい!!少ロット、短納期対応、致します。また、当社は多くの協力会社があり、私どもで生産不可の鋳物であっても、協力会社との連携により前向きな回答を致します。
*現在、鋳物を使用されていない企業様、ご使用の素材は、鋳物に変わりませんでしょうか? 例えば、溶接構造で作られたフレームを鋳物にすることで、コストダウン出来るだけでなく、加工性、安定性、減衰性が増し、フレーム本来の機能を高めます。当社はこのような提案も可能です。
*現在、鉄工業とのつながりが薄い企業様、プレス、加工、溶接など、鉄・非鉄に限らず、お声掛け下さい。当社が紹介・仲介致します。 異業種間の連携が今後の中小企業の鍵になると考えます。中小企業が強くなって、地元を元気にしましょう。


企業詳細ページはこちら
㈱武村鋳造所2





株式会社成島鉄筋工業

 
成島鉄筋工業1
1.会社紹介
 鉄筋業を50年以上地道に営んでいます。工場は機械化されてきました。昔は帯筋を一日1000本曲げれば一人前の職人と言われ頑張りました。しかし今では職人さんでなくても、パートのおばさんでも何千本も曲げれます。しかし現場はそういうわけには行きません。すべて職人さんが手で一本一本取り付けます。結束の方は自動結束機が出来ましたし、クレーンも現場には欠かせない物になり、担ぐことは減りました。しかし現場は50年前と殆ど変わりません。だから腕の良い職人さんを育てるのが、鉄筋屋の親方の仕事だと思います。 成島鉄筋はいつまでも鉄筋屋と呼んでいただける会社を目指します。

  2.我社のウリ
工場の計画生産ではなく、仕事の量が元請けさんによって変わってきます。どうしても職人さんが足りなくなって来るときに、静岡県鉄筋組合に加盟していますので、仲間が助けてくれます。その鉄筋組合は就労支援の為に全社協力雇用主になろう運動や出前講座を行い社会貢献をしています。
また住まい博に参加して業界の発展に尽くしています。建築土木の基礎を作る鉄筋は本当にこれから職人さん不足になってきます。会社は利益よりいい職人を育てるこれが社のうりです。

 .担当者からのPR
 清水工場が昨年出来ました。新しい建築土木の基礎商品を作っています。まだまだ未知数ですが、将来会社の太い柱になると頑張っています。元請けさんの商品ですが素晴らしいものです。これからの建築土木の画期的な商品になると思い頑張っています。 東北支援工事になんとか協力したく、職人さんを育てています。来年から本格的に支援工事に参加するつもりです。
経営者とか社員とかではなく、全員同じ考えで楽しく明るく前向きにやっていきます。 社内運動は少しでも良いことをしよう、小さな奉仕は大きな愛を生む。これが成島鉄筋の根幹です。最後に働く自信があるまで働く、昨年75歳の職人さんが辞めました。それまで元気に働いてくれてくれました。社会の地位とかお金持ちとかではなく、人らしく真っ当にいき定年まで元気に働く事が人生の勝ち組だと思っています。

企業詳細ページはこちら
成島鉄筋工業2






橋本工業株式会社

 
橋本工業㈱1
1.会社紹介
 昭和20年会社設立当初は、板金加工にてバケツ、ヒシャク、ヘラ絞り加工で、お鍋、洗面器を製造しておりましたが、生産性向上のため、昭和25年頃よりプレス機械を導入し、深絞り加工を研究。以降、深絞り製品を手掛けてきました。昭和30年頃よりオートバイ、自動車産業の発展に伴い、オートバイ用深絞りプレス部品(排気系・車体系)を主に手掛けております。近年においては、NCサーボプレス機を導入し、SP材より強度なハイテン材、軽量なアルミ・チタンなどの深絞り製品の開発を目指しております。

  2.我社のウリ
① 試作対応として、プレス金型を設計・製造し、NCサーボプレスを活用した形状加工から三次元レーザー加工機による形状切りにて試作対応、三次元測定機での測定体制を整えています。

② プレス加工に関わる金型の設計・製作から、プレス加工・溶接(CO2、アルゴン、スポット)・組立納品まで、一貫体制を取っています。

③ 三次元レーザー加工機を用いた試作(三次元形状切り)から、鉄12㎜、アルミ5㎜、チタン、プラスチック等、文字形状切りを1個より、加工対応を行なっています。

  3.担当者からのPR
 より良い製品を造り、お客様に喜んでいただける様、ISO9001・ISO14001を認証取得して、品質面・環境面において顧客満足を追求しております。  レーザー加工機は、鉄・アルミ・プラスチック・木材などの加工が可能ですので、絵文字・看板など、何なりとご相談ください。

企業詳細ページはこちら
橋本工業㈱2




株式会社扶桑工業

 
㈱扶桑工業1
 ガイドロッド



1.会社紹介
 ボーリング用マシンとツールスの設計・製造から販売までを行っております。 掘削について多くのノウハウを蓄積しながら専用機器開発を手掛けてまいりました。 鉱物等の地下資源開発から温泉、地盤調査、近年では防災関連工事や土壌汚染調査に関連するマシンや機材の開発を行っております。 詳しくは弊社ホームページ(http://www.kk-fuso.co.jp)をご覧ください。

  2.我社のウリ
標準貫入試験用ガイドロッド

標準貫入試験の悩みが解決します。  標準貫入試験中の落下事故で危険を感じたことのある方の話をよく聞きますが、 60kg以上の重量物が落下した時には、命の危険も伴います。  この標準貫入試験用ガイドロッドは、ネジの締め込みを片手で軽く締めるだけで、 振動による緩みが軽減されます。  従来の40.5用ロッドネジでは、ドライブハンマの打撃により数回でネジの緩みが発生しています。 このSWTネジはくさび効果を利用し衝撃・振動に優れた性能を発揮してくれます。 標準貫入試験中のネジの緩みを気にすることなく作業を行えます。  更に、ネジの折損の原因である緩みが軽減されたことで、製品寿命も長くなります。

  3.担当者からのPR
 一般的ではない弊社の機械・ツールス類ですが、温泉や井戸掘り、建築前の地盤調査や高速道路などの 法面補強防災工事などで活躍しています。 日本の地層は複雑で一筋縄ではいきませんが、開発・改良を重ねて高い品質・効率の良い製品の提供を しています。




企業詳細ページはこちら
㈱扶桑工業2
 新型安芯棒(ガイドロッドに挿入してドラ イブハンマの急激な落下を防ぐ)


特集ページこちら

主催者 焼津信用金庫 地域貢献部 まるせい千客万来事務局
〒425-8501 焼津市五ケ堀之内987番地 TEL:054-629-1137 FAX:054-629-1313 Mail:info@maruseisenkyaku.com
このサイトは、焼津信用金庫が運営していますが、内容については個別の企業の責任でおこなっています。